名古屋市天白区で予防矯正が得意な歯医者さんらしくない歯医者さん

お子さまの歯並びやかみ合わせが気になる

お子さまがずっと口を開けていてみっともない

お子さまが口呼吸で風邪などをひきやすい

お子さまが食事の際クチャクチャと音を立てて食べる

最近は生活習慣の変化などで、お口周りや舌の筋肉が十分に発達せず、歯が生えるスペースが狭くて歯並びがゆがんでしまっているお子さんがたくさんいらっしゃいます。小学校高学年以上の、顎の発達が終わった方は難しいですが、小学校低学年なら、ワイヤー器具を使わない予防矯正もこうしたお悩みの解消にオススメです。

予防矯正とは?

歯の矯正というと、金属のワイヤーで出来た器具を歯にはめて、歯並びを思い通りに整える治療のことを思い浮かべると思います。しかし、予防矯正はそうした器具は使用しません。マウスピースという装置を使った歯並びの改善やお口・ 舌の筋肉の訓練と、成長期のお子さまの顎が発達するプロセスを活用して、お口の中の歯が生えるスペース自体を広げていきます。ワイヤー器具を使用しないことと、歯並びが悪くなるお口の中の環境自体を改善することが特徴です。

なぜ今予防矯正が注目されるの?

ワイヤー器具を使用しないので、思春期のお子さまが見た目を気にして精神的な負担を感じることを回避できる方法として、近年注目されています。また、歯並びが悪くなる最大の原因である、「歯が生えるスペースが狭い」という問題を解消できることと、治療を通して口呼吸から鼻呼吸への改善が図れます。

予防矯正は、歯列矯正が必要になる原因や要因を根本的に解消するという意味では、とても「本質的」な治療方法です。お子さまが小さいうちだからこそできる、新しい選択肢ですね。

予防矯正は、単に歯並びの改善にとどまらず、お子さまのお口の正常な発達をサポートし、将来お子さまがお口のことで悩まないための土台を作ることができます。その効果をご紹介します。

将来、お子さまが歯列矯正をしなくてもいいように

ワイヤーを使った歯列矯正は、顎の骨格の成長が終わってから(小学校高学年ごろ)しかスタートできず、お口の中の歯の生えるスペースが決まってからの治療なので、抜歯をして矯正のためのスペースを作り、歯並びを調整します。しかし予防矯正は、顎の発達・成長時期に、お口の中のスペースが広がる力を利用して行いますので、抜歯やワイヤー器具を用いずに歯並びを改善します。また従来の歯列矯正が将来必要になることを高い確率で予防できます(※完全に予防することはできません)。

将来のきれいな口周りの基礎を作る

実は最近口呼吸(日常の呼吸を鼻ではなく口で行ってしまう習慣)の方が増えているのですが、口呼吸の方は終始お口をぽかーんと開けているため、みっともない印象を与えてしまいます。それを改善するために、口周りや舌の筋肉のトレーニングを行います。実は口呼吸の原因の多くはお口周りや舌の筋肉が十分に発達していないことなのですが、予防矯正のお口周り・舌の筋肉トレーニングによって、結果的にこの口呼吸も改善されます。将来お子さまが口呼吸の習慣で悩むのを回避することができます。

鼻呼吸の習慣を作り、健康を守る

口呼吸は見た目だけでなく健康面でも悪い影響を与えます。本来哺乳類は鼻呼吸をするようにできており、鼻で呼吸することで空気中の雑菌やゴミを取り込むのを防いだり、肺に取り込む空気の温度や湿度を調整したり、お口の中が乾くのを防いだり、深い呼吸を行うことで副交感神経が優位になって精神的に落ち着いたりと、とても多くのメリットを得ているのです。口呼吸では大気中の汚れなどを直接体に取り込んでしまうため風邪やアレルギーを発症しやすくなったり、口の渇きから味覚機能が低下して味覚が鈍感になったり、交感神経が優位なことから落ち着きがなくなったりと、健康を損なう悪影響が多く発生します。お子さまの将来の健康のために、早いうちから鼻呼吸の習慣をつけてあげることが望ましいのです。

あまり知られていませんが、口呼吸には健康に悪影響を及ぼす要素がたくさん含まれています。歯並びなどの見栄えだけでなく、一生お付き合いするお口そのものの正常な発達を促すのに、予防矯正をご検討ください。

お口の健康を維持するために、予防矯正にはさまざまな方法があります。お悩みの内容やこれまでの治療経験を考慮しながら、いくつかの治療方法を組み合わせて使用します。ここでは、代表的な治療方法をご紹介します。

マウスピースの装着

ワイヤーを使用した器具を24時間つけ続ける一般的な歯列矯正とは違い、樹脂でできたマウスピースという器具を、起床時間のうち1時間程度と、就寝時間につけていただきます。発達しつつあるお子さまの顎の成長力を生かして歯並びの改善を行います。

アクティビティ(トレーニング)

舌や口周りの筋肉を刺激・発達させることで、口の中の歯の生えるスペースを広げて、歯が綺麗に生え整う環境を作ります。そのために、舌鳴らし、腹式呼吸などのトレーニングメニューを用意しています(これらのト レーニングのことを「アクティビティ」と呼んでいます)。予防矯正担当 のスタッフがやり方を丁寧にお教えします。アクティビティはお家でもやっていただきます。

一度取り付けたら外せないワイヤーの矯正器具と違い、予防矯正ではマウスピースの装着やアクティビティを日々の生活の中で実践していただく必要があります。ご家族の方の理解とお子さま本人のやる気がないと、治療がなかなか進まないかもしれません。

お口の健康を維持するために、予防矯正にはさまざまな方法があります。お悩みの内容やこれまでの治療経験を考慮しながら、いくつかの治療方法を組み合わせて使用します。ここでは、代表的な治療方法をご紹介します。

“ワイヤー器具による矯正に苦しむ娘を、何とかしてあげたかった”

Mさま お嬢様(9歳)が予防矯正を受診中

どんなきっかけで、予防矯正を受け始めましたか?

娘は4歳か5歳くらいから、顎が小さくて歯並びがよくなかったので、ワイヤータイプの歯列矯正を受けていました。しかし、よく口の中が切れて可哀想だったし、しゃべりにくいので意思疎通がうまくできないことも心配でした。何か他の方法はないものかと調べたところ、いちろう歯科さんの予防矯正を知りました。ワイヤー器具を使わないので口の中が切れることもなく、マウスピースをつけている時間も限られているので、今までよりおしゃべりもうまくできるようになりました。

今はどんな治療を受けていますか?

寝ている間にマウスピースをはめることと、アクティビティと呼ばれる、口周りや舌の筋トレのような練習です。マウスピースは寝ている間だけすればいいので、四六時中つけていないといけないワイヤー器具よりもストレスがないと思います。また、アクティビティは毎日だいたい1時間くらい自宅でやらないとけないのですが、毎月1回通院するときに、やり方をきちんとレクチャーしてくれるので、続けられています。とはいっても、子供に「毎日やりなさい」というだけでは、やはりやってくれないので、親も一緒にアクティビティをやるようにしています。

治療を受けてみて、どうでしたか?

だいたい1年半ほど受けていますが、最近思うのは、当初の希望通り歯並びが良くなっているのに加えて、顔の形が変わってきて、口角も上がってきたということです。きっとアクティビティによって顔の筋肉が発達してきたのでしょうね。非常に顔の表情や表現が増えて、感情表現が豊かになりました。友人と一緒に遊んだり出かけたりすることも増えたので、とても良かったと思います。

いちろう歯科の予防矯正は、どんな人におすすめですか?

小さなお子さんで、ワイヤー器具による従来型の歯列矯正をやっていて、口の中が切れたり、喋るのに苦労しているような方は、検討してみる価値があると思います。ただ、ワイヤー器具による歯列矯正と違って、アクティビティを自分たちの責任でやらないといけないことについては、本当に自分の子供が毎日できるのか不安でした。我が家は、「親がやれば子供もやる」という考えで、毎日のアクティビティに親も付き合っています。子供だけに任せずに、歯列矯正に一緒に取り組むという姿勢が親にないと、うまくいかないかもしれないですね。

“毎日のアクティビティも、子供は楽しみながらやってくれます”

Tさま ご子息様(10歳)が予防矯正を受診中

どんなきっかけで、予防矯正を受け始めましたか?

毎年ある学校の歯科検診で、息子が「噛み合わせに問題あり」という指摘を受けました。そこで、いくつかの歯科医院に相談しました。前歯が出ているのと、口がぽかーんと開いてしまうのは、親としても気になっていました。口が開いてしまうのはみっともないけど、大人になってから直すのは大変ですから。それで、周りの親御さんにも色々聞いてみたら、いちろう歯科さんで予防矯正をやっている人もいて、「いちろう歯科さんは安心だし、お値段も安いよ」ということを聞きました。どこと比べて、というのはあるんですが、私としても矯正専門のところよりは安いかなと思いました。それでも大きな金額ではあるので、やり始めるまでは「本当に良くなるのかな」と心配でしたが、子供の歯並びがよくなるなら、できるだけのことはしてあげたいなと思いました。

現在の治療内容はどんなものですか?

マウスピースをはめることと、アクティビティ(口周りや舌の筋力トレーニング)です。矯正をやることになったとき、子供がワイヤー器具をつけるのは嫌だといいましたので、予防矯正で寝ている間にマウスピースをつけることになったときも、素直にはめてくれました。アクティビティは毎月1回の通院のときにやり方を教えてもらって、家では1日1時間、宿題のような感じでやっています。高学年になってくると、毎日1時間は時間が取れないこともあるのですが、1時間できなかったら、後日1時間以上やるなどして、決められたメニューをこなせるように工夫しています。家でやる内容のチェックシートやテキストなどがあって、きちんとこなすと次の通院の時に褒めてもらえたり、うまくできていないところはアドバイスをしてもらえたり、すごくサポートが手厚いなと感じます。それと、定期的に歯とあごの形の写真を撮ってもらって、以前のものと比較すると良くなってきているのがわかるので、息子もやる気を維持できています。最初の頃は通院に私や妻も付き添っていましたが、新しいアクティビティを教えてもらったり、先生に褒めてもらうのが嬉しくて、今はいちろう歯科さんに通うのが楽しいみたいです。嫌がることなく、毎回楽しみに通っています。

予防矯正に通ってみて、どうでしたか?

今、1年ちょっと通っていまして、まだ全部終わっていないのですが、順調に治療は進んでいます。最初は先生に、「ワイヤーをつけないといけないかも知れないですね」を言われたんですが、マウスピースやアクティビティをしっかりやってきて、歯並びが良くなってきました。変化は少しずつですが、毎月写真を撮って過去と比較してもらえるので、変化が実感できます。先生からも、「先が見えてきましたね」と言ってもらえて、頑張って良かったなと思います。

いちろう歯科の予防矯正は、どんな人におすすめですか?

歯並びの悪さが深刻な方には予防矯正は不向きだと聞いているので、お子さんの歯並びが「ちょっと気になるな」というくらいの方ですね。マウスピースをつけるのもアクティビティをするのも、家で自分たちでやらないといけないことですから、そういう意味ではきちんと取り組めるかどうかで治療結果に大きく差が出るので、親も一緒に頑張る気持ちがないといけないと思います。でも、一度始めてしまえば、子供達は楽しそうに通院してくれますし、家での取り組みのサポートも手厚いので、そこは心配いらないのではないでしょうか。クリニックもすごく綺麗だし、スタッフの方もとても親切で丁寧なので、周りに歯並びで悩んでいる方がいたら、「試しに相談してみたら?」と勧めたい歯医者さんです。

予防矯正の担当者・戸谷にも、治療の際に大切にしていることやいちろう歯科の特徴を聞いてみました。

医療のお仕事への気持ちが忘れられませんでした

子供の頃に2度入院したことがあり、そのときの看護師さんがとても優しくて、医療のお仕事に興味が湧きました。小さな子供も好きなので、一度は保育士になったんですが、やっぱり医療系のお仕事にも携わってみたいと思い、歯科助手として初めていちろう歯科に勤めはじめました。この歯科での保育士も務めているので、前職の経験も生かしながら、医療のお仕事もさせていただけて、とても充実しています。

治療がお子さまにとって楽しい時間になるように

お子さまが緊張しないように、いつも明るく笑顔で、そしてわかりやすい説明を心がけています。予防矯正の治療は1ヶ月おきなので、信頼関係を作れるように、毎回の会話の内容をメモしておいて次回の会話につなげるなど、次に来てもらえた時に空白期間を感じさせないように工夫しています。月一回の治療ができるだけ楽しい時間になるようにしたいと思っています。

予防矯正を検討中の方へのメッセージ

予防矯正は、歯並びの改善だけでなく、そのプロセスで正しい呼吸を身につけたり、口周りの筋肉を鍛えることで、お子さまの将来のお口の健康にすごく役立ちます。お口の健康の基礎を作る、とても本質的な治療法だと思います。お子さま一人ひとりの発育状況によって伝え方を変えるなど、保育士としての経験を生かしてお子さまに寄り添った治療をさせていただきますので、安心してご相談いただければと思います。一方で、ご家族のご協力なしにはご家庭でのトレーニングなどは出来ません。すぐに結果が出なくてくじけそうな時もありますが、私も一緒にお子さまがトレーニングや治療を楽しく続けられるよう頑張りますので、ぜひ一緒に頑張りましょう!

予防矯正って何?

予防矯正は、まだ歯やあごの発達が終わっていない時期に、マウスピースや、アクティビティと呼ばれる口周りや舌の筋力トレーニングを通じて、口の中の空間を広げることで、将来的にワイヤーによる歯列矯正が必要になることを予防するものです。

一般的な歯列矯正は、ある程度発達が終わって安定した歯やあごを、金属のワイヤーの力を使って矯正的に広げたり並びを整えたりします。一度ワイヤー器具をはめてしまえば手間がかからない一方で、見た目が悪かったり、しゃべりにくかったり、お子様によっては口の中が切れたりしてしまうのが難点でした。予防矯正はワイヤー器具によるストレスがない一方で、マウスピースをつけたりアクティビティをやる継続力が求められます。

どんなことをするの?

基本的には、睡眠中にマウスピースを装着することと、日々のアクティビティに取り組んでいただくことです。

マウスピースは起きている時間のうち1時間と、寝ている時間に装着していただきます。ですから、お子様がお友達と活動する時間には、何もつけていなくていいのがメリットです。またアクティビティは、口周りや舌の筋肉を鍛えるプログラムを、毎月の通院時にお伝えさせていただき、1ヶ月間お家でトレーニングをしていただきます。アクティビティのやり方は担当者が丁寧にお伝えしますし、チェックシートやテキストなどがあるので、お家での取り組み方もわかりやすくなっています。

どれくらいの期間かかるの

人によって異なりますが、1年から3年程度が必要です。

ただし、予防矯正ができるのは歯やあごの発達が完了していないお子様に限ります。というのも、予防矯正はあごの成長過程を利用して口の中のスペースを広げる治療方法だからです。あごの発達がある程度終わってしまうと、ワイヤー器具を使った一般的な歯列矯正しか選択肢がなくなってしまうので、お早めのご相談をお願いします。

予防矯正をやった方がいい理由は?

歯並びの改善だけでなく、生活習慣の改善が期待できます

歯列矯正を目的とする治療ですので、歯並びの改善は当然のことながら、口呼吸や、普段から口がぽかーんと開いてしまうことを直すことも期待できます。そもそも口呼吸や口が開いてしまうのは、口周りや舌の筋肉が十分に発達していないので、口を閉じ続けることができないことに起因します。予防矯正は、まず口周りや舌の筋肉を鍛えることで口呼吸や口の開きを改善します。その結果として口の中に十分なスペースが確保され、歯並びも整っていきます。。

いくらくらい掛かるの?

料金は40万円~となりますが、治療内容により異なります。

治療内容によって料金に違いが出てきますので、詳細はご相談いただいた際にご説明させていただきます。ご相談は無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

どんな子供にオススメの治療法?

ほとんど全てのお子さんにオススメの治療です。

実は現代のお子さんのなんと7割が、歯並びの悪さや口呼吸などの悪習癖やトラブルを抱えていると言われており、予防矯正はその改善に効果的です。ですから、ほとんど全てのお子さんに一度受診を検討していただきたい治療です。また、この治療法を使える期間はあごの発達が終わる前までなので、どんなおこさまにも提供できるわけではないのですが、だからこそ歯並びに不安がある場合はお早めにご相談ください。

院長紹介

「いちろう歯科は皆様への安心の提供と笑顔の創造を目指して」

・自らが通いたくなる医院を常に意識し考える。
・スタッフが誇りを持って働ける医院をみんなで作る。
・患者さんにもスタッフにも安心、安全を提供する。
という理念のもと当医院に関わる全ての人の幸せに貢献する医院にしていく所存です。どうぞ宜しくお願い致します。

院長 田中一郎

当医院の特徴

キッズルームあり、
保育士が常駐しています

おこさまが通いやすい歯科医院を目指していますので、楽しいキッズルームをつくり、保育士を常駐させています。親御さんの治療の際に、お子様づれでも安心です。

歯科医院らしくないと、
よく言われます

院内の雰囲気に(アロマや季節の飾り付け)こだわっています。歯科医院というと無機質で怖いイメージがあるかもしれませんが、それを覆す「歯科医院らしくない」リラックスしていただける環境を作っています。

スタッフは担当制です

患者様一人ひとりに担当の歯科衛生士が付きます。担当制だからこそできる、パーソナルな対応がご好評いただいています。

ご来院はお約束制です

治療が始まる時間も終わる時間も、あらかじめお約束で決まっています。待ち時間もありませんし、終わる時間が予定より遅れることもないので、忙しい方でも予定が立てやすいですね。

予防診療の専用フロアがあります

診療室が持つ、歯科医院特有の嫌な音やにおいから分離した、リラックスできるスペースを確保しました

診療室はセミ個室設計

セミ個室設計の診療室を完備していますので、周りの患者さんの目や声を気にせず、落ち着いて治療を受けていただけます。

検査に力を入れています

検査は治療のスタート地点であり、要であると考え、一般的な歯科医院よりも豊富な検査メニューを取り揃えています。

歯周病基本検査・位相差顕微鏡検査・口臭検査・SMT検査(簡易的唾液検査)・虫歯レーザー探知機・歯科ドック(細菌培養検査、潜血検査、口臭検査、唾液緩衝能検査、唾液量検査等)

検査結果を丁寧にご説明します

お口の状態をしっかり調べると、治療に必要な場所だけでなく、患者さんご自身が普段の生活の中で、どうしたら効果的にケアができるかも分かります。私たちは、ただ治療するだけでなく「ご自身のお口との付き合い方」をお伝えすることを大切にしています。

(検査結果の説明とケア方法のレクチャーについて)
・デンタルテン情報提供(マイカルテ) ・ケアグッズの処方・歯科ドック報告書・TBI・衛生士カウンセリングなど

清潔な環境にこだわっています

患者様のお口を清潔にする場所ですから、院内の清潔さには徹底的にこだわっています。例えば、院内で使われる水は全て細菌0の除菌水を使用。患者様がお口をゆすいでいただくお水は、生体由来の殺菌水です。さらに各フロアに2台ずつ、大学病院などで使われている高性能空気清浄機を設置しています。

アクセス・診療時間

〒468-0008 愛知県名古屋市天白区一本松2-1106

診療時間
9:30~12:30 × × ×
14:00~17:30 × × ×

休診日:木曜・日曜・祝日